いつもひとり

孤独な抹茶のアラド戦記独り旅

スポンサーサイト

--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告
[ Trackbacks(-) | Comment(-) ]

抹茶タソは猪突型のO型

03/30(Mon) 02:02















ちくわ収穫祭












最初はこんなんだったちくわ君も、













ちくわくん 浴衣













こうなった後、













ちくわくん レアアバ












今ではこんな姿になりました。













結局、売った天空棍でちくわ君のレアアバを買ってあげました。
武器にまではまったく手が出せなくなりましたので、
53までずっと未強化クエ武器だけでがんばってきました。
さすがにこのままではまずいと思っていたんですが、
聖剣すら買うお金もなかった私は、他には目もくれず、ヘルカリ光剣を夢見ていました。






で、先日ゲットしたんですが、ゲットした瞬間、また私の心に火がついてしまいました。







「これが+11になれば、クロニクル武器まで持つ・・・!」






所持金は2M。
これでも使い捨ての青字武器やクエ武器だけを使って節約してきたんです。
でも、修理費が痛くて、全然増えないんです。
シャープは元々死ぬほど持ってるので、それにはお金かからないんですが、それでも増えない。





まあとにかく、今持ってる全財産の2Mでキリと勝負しました。
1ループした時点で敗北確定という、ものすごく分の悪い勝負な上に、
万が一10になって破壊となった場合、聖剣を買うお金のない私は、
また超弱いクエ武器で黙々とソロ狩するハメになるので、
もう誰がどう考えても強化なんてできる状態ではなかったんですが、
しかたないので挑んできました。













結果、
0→11ストレート余裕でした。
+10から突っ込んだとき、





「これで壊したらばかだな・・・」





と思いましたし、ネンマスのクロニクル武器を壊した時のことも脳裏をよぎりましたが、
まあ成功してよかったです。
お金がまったくないだけに、スカセイジが成功した時より嬉しかったです。
これで、ポンはクロニクル武器までがんばれます。
しかし、まさか2Mで成功するとは…。
結局、今のところポンには装備代がほとんどかかっていません。
あとは、クロニクル武器をゲットして、それを+11にするだけ…!













スキル振りは、相変わらず完全狩振りなんですけど、
実は元々、決闘専にしたくて、ポンを作ったんです。
ですが、思いのほかポンでの狩が楽しすぎて、狩振りになっちゃいました。
それに、弱い弱い言われてるポンですけど、弱くないですよ?
現に私、相変わらずですけどどこでもソロで行ってます。
適正でオデッサのエージェントクエもソロで終わらせました。














ただ、60になってクロニクルが終わったら、レテ飲むことも視野に入れてます。高いけど。
やっぱ、1キャラくらい決闘専も欲しいし、私元々決闘嫌いじゃないですから。
まあ異界とかが実装されるとちょっと困るので、悩んでるところなんですけどね。













で、今でもすでにちょくちょく決闘やったりしてるんですが、













すてーたす












とりあえずこんな状態です。






まあ、狩振りでもまったく戦えないということはないんですが、
ガチでうまい人にはまず勝てないだろうなぁ・・・。
オトガとか背面は、なんかお互いつまらなくなりそうなので取るつもりはないんですが、
せめてアッパーはもう少し上げたいし、アッシュもM欲しい。
大剣が有利って聞くけど、どうなんだろ。
大剣ってあまり慣れてないし、強化するお金もないしなぁ。
まあ、まだカンストまでだいぶかかるし、考えておこう。













最近毎日決闘場に篭ってて、楽しく決闘してる私ですけど、
クール明けるまでガン逃げのソウルや阿修羅とか、
逃げてどうすると突っ込みたくなるようなガン逃げバトメとかとやるのは、なんか悲しくなります。
自分がポンだからじゃなくて、バトメやネンマスでやっててもそう思う。
全体的になんかもうずるい性能のレンジャーや、
こっちが攻撃当ててるのに私が死んじゃうメカなんかとやるのはまだいいんです。
いや、嫌ですけど、まだ我慢できる。
でも、私ほんと、逃げる人って基本的にどうも・・・。
勝ち負け以上に大切なものってあると思うんですよ、ゲームなんだから。
人の戦い方にケチつけるつもりはないんですが、個人的には、見てて恥ずかしい。
だってガチンコでやりたいんだもん。
私、自分が瀕死で、なおかつあと3秒で猛竜が使えるとわかっていても、
とにかく突っ込んでいきますよ。
だからか、私の決闘って、毎回ものすごく早く終わる。
猛竜のクールが明ける前に、私か相手が死ぬから。
そういうのが好きです。













こないだ、私に負けないくらいの特攻型のポンとやったんだけど、
あれは興奮したなぁ。
お互いまったく退かなかったので、なんかしびれた。
ああいう人好きです。













スポンサーサイト

Category: 日記
[ Trackbacks: 0 | Comment: 5 ]

雪にまつわるちょっといい話

03/24(Tue) 01:53











もう春だというのに、PCやる時はまだまだ毛布が手放せません。
冷え性日本代表の抹茶です。













以前にも書きましたが、私は本当に寒いのが大嫌い。
よく、「寒いのは我慢できるじゃん。着ればいいんだから」とか屁理屈を言う人がいますが、ほんと何にもわかってない。
いくら着込んだって寒いものは寒いんですよ。
私はPCやる時は、毛布を頭から被って妖怪のような姿で楽しくアラドやらニコニコやらを観てますけど、ほんともう耐え難い辛さですよ。
寒いのが苦手だからと言って、暑いのが好きだというわけでもないんですが、
それでも寒さに比べたら暑さの方が断然平気。
夏はいくら暑くても、まだなんかこう開放的な気分になりますし、
どっか行っちゃおう!という気にもなりますもん。
寒い時は家から一歩たりとも出ません。













寒い寒いとばかり書いてますが、
実は私の住んでる地域は、比較的温暖と言われているんです。
だから、雪なんてまず降らない。
数年に一度降ればいい方かな。それも、せいぜい粉雪です。






























まぁそんなとこに住んでるんですが、
私が小さい頃、一度だけ大雪が降ったことがありました。
あれは確か、お正月だったでしょうか。
多分、5、6歳の頃だったと思います。













朝起きたら、一面真っ白で、信じられない光景でした。
雪なんて見たことのない私にとって、
「雪が積もってる」なんていう光景は、ありえないものだったんです。
その頃の私はさすがにまだ冷え性ではありませんでしたから、
そりゃもう死ぬほど喜びました。













キャッキャ言って外で早速外で雪にダイブしたり雪を食べたりして遊んでいたところ、
少年のような瞳をした父もまた、颯爽と外へ出てきました。










「すげえなこりゃ」









父に雪を投げたりして遊んでいたんですが、思い出したように父が言いました。










「そうだ!雪だるま作ろう雪だるま!」









私も「それだ!」と思い、早速ふたりで雪を転がして雪だるまを作ることにしました。









「クソでかいのを作る!」









もう父、私よりもノリノリで、とんでもない大きさのふたつの雪の塊を作りました。
しかし、ここで問題が発生したんです。
超でかい球状の雪玉がふたつあります。
ふたつの雪玉を垂直に乗せなければ、雪だるまにはなりません。
しかしながら、それはもう大きな大きな雪玉ですので、とてもこれを抱え上げるのは不可能だろうなと思っていたところ、










「父さんにまかせろ!」










と、父はやる気満々で抱え上げようとしました。
しかしあれだけの大きさの雪玉。質量も相当なものだったでしょう。
そう簡単には持ち上がりません。
しかし、父は渾身の力を込めていました。










「くおっ・・・・・・!」










もう私はそこまで必死な父を見ててなんだか怖くて、
ただ呆然と立ちすくんでいました。
大の大人の「本気」というものを初めて見た気がしました。









「おまえも手伝え!」










なんか父の目が血走ってるので、私も言われた通り抱え上げる振りをしました。
だってこんなの持ち上がるわけない。
仮に持ち上がって、雪だるまが完成したからと言って、一体それが何になるのでしょう。
得られるものは冷たい手と腰痛とひと時の自己満足だけな気がする。










「そんな力じゃだめだ!もっと力いっぱい!」











ほとんど力を込めてなかった私に、父は雪玉抱え上げ職人みたいな口調で指示する。
でもそんなこと言われても、どう考えても物理的に不可能だし、手も冷たいからなんかもう嫌でした。










「こうやるんだ!ぐおっ!!!」










その時、物理を無視した人間の底力を見ました。
あれほど巨大な雪の塊が、父の両腕によって持ち上がったのです。
雪がしんしんと降る中、ありえない質量の雪玉を抱えた父。
なんか、人間の業や煩悩などの重みを一身に背負った人みたいに見えました。











「うおおおおお・・・・・!!!!」











巨大な雪玉を抱えて、父はフラフラと歩いていきました。
もうひとつの雪玉の上に乗せるために。
私は鼻たらしながらそのありえない光景をただ眺めていました。








しかし、あと一歩というところで、父の足元が危うくなりました。
かなり踏ん張ってはいますが、もうひとつの雪玉の上に乗せるために、
あともうちょっと雪玉を抱え上げる必要があったのです。










「ぐあああああ!!!!!」









その時でした。
最後の力を振り絞って雪玉をさらに高く抱えたところ、
父の足腰が人間の限界を迎えたのか、そのままドスンと父と一緒に落ちてしまいました。










「グオッ!!!!!!」










父は、巨大な雪玉の下敷きになっていました。










「た、たすけろー」










なんかもう死にそうになってたので、こりゃもうだめかなとも思ったんですが、
一応母を呼びに行きました。
うちの両親はこの上なく不仲なんですが、
どっちみち、私ひとりの力では打開できる状況ではなかったので、
選択の余地はなかったんです。











「おかーさーん。おとうさんが下敷きになってるよー」











それを受けて母は、













「そんなのほっときなさい!!!!」













と、冷徹に言い放ちました。







いつもありえないほど喧嘩していて、
父が母に対してマウントポジションを取って殴ったり、
母がフライパンで父の頭を殴打したりと、
毎日バイオレンスなサウンドを奏でていた関係ですから、
死ぬほど憎かったんでしょうね。
冷徹に突き放しました。







そう言われてしまっては、私にはもうどうすることもできないので、
しょうがなく自分の部屋でマンガを読んでいました。
外からは、しばらくの間、イテテテテという父の苦痛に満ちたうめき声が聞こえていました。













Category: 日記
[ Trackbacks: 0 | Comment: 2 ]

なんか出たこれ

03/16(Mon) 01:31














てんくうこん
































見た目が無理すぎるネンマスのレアアバか







恩恵が小さすぎるポンマスのレアアバか







カイナス買ってキリと最終決戦か













困ったなぁ…。































1番はバトメですけど、
ネンマスもポンも、私は同じくらい好きな職。
今後実装されるエンブレムを考慮しても、
武器などと違ってずっと使えるレアアバを買うのが最も賢明な判断だと思う。
それに、ナックルも光剣も、桃には及ばないまでも、クロニクルがなかなか優秀なので、
それを考えてもやっぱりレアアバでしょう。
韓国ではクロニクル武器も反復によって合計2本まで手に入るようになりましたし、
+11にできるチャンスもあります。
ブライトはともかく、判定の超強いカイナスにはすごく魅力を感じるけど、





簡単には他の属性を付けにくい闇属性
武器自体が高い
強化費が恐ろしく高い
私は基本的に+11以上じゃないと嫌





というマイナス点もあるので、
+11クロニクル光剣ができればなんとか妥協できないこともないと思ってるんです。






だから、レアアバを買うべきなんです。
天空売れば一式揃えられちゃうんだから。












でも、上にも書いた通り、
ネンマスは個人的に見た目が無理だし、ポンマスは恩恵が小さい。
あと上着だけで揃うポンの浴衣アバと比較しても、
力が13と攻撃速度が3%しか変わらない。
こんなの私から言わせれば誤差範囲ですよ。
だからと言って、他に特に欲しいものもないし、
貯金なんて性格的にもってのほか。
そもそも私は、そのうちまたインフレになると踏んでますから、
買うなら今だと思ってるんです。
ほんと頭抱えてます。













桃なんて出したことのない人が何かの間違いでこんなの出しちゃうと、
なんかアワアワしちゃって、頭もテンパっちゃって、
今日も元気いっぱい3キャラの疲労度使い切っちゃいました。






狩大好きで、なおかつ万年お金のない私には、
浮遊とか影でコツコツお金ためてる方が合ってるなぁっていう話なんですけどね。













Category: 日記
[ Trackbacks: 0 | Comment: 2 ]

塔7連発×2余裕です

03/08(Sun) 01:44







うちのポン、毎日MP回復を80個ずつ消費してるんですけど、
これって普通なんですかね。
抹茶です。













実は、偶然3人の方から、動画を撮ってほしいと言われまして、
今日さっそくポンとネンマスの疲労を使い切った後、
ネンマスで動画撮りながら塔7連発行ってきたんですが、
なんかイマイチ気に入らない出来で、全部没にしました。













まぁクリアはできるんですけど、自分の動画を見直してみると、





「あーそこはスープレ!!」だとか、





「ちょwwコンボださいwwww」だとかで、どうも納得できません。













やけに調子悪いなーと不思議だったんですけど、
よく考えたら私、今日ビール飲んでませんでした。
こりゃ調子出ないわけだ。













で、今チーズかじりながらビール飲んでて、だいぶ気合が入ってきたところです。
ほんとは、ネンマスも実はけっこうやるんだよ!ってとこを見せたくて、
ネンマスの塔動画を撮る予定だったんですが、
上にも書いた通り、もう招待状がないため、仕方なくバトメで出撃してきます。
では、後ほど。



































-------------------------------------
























行ってきました。2回だけですが。
なんか自分的にはすごいださくて、ミスもたくさんあったんだけど、
なぜか新記録出ました。













しんきろく












動画もバッチリ撮りましたよ。
ただ、タイムはともかく、なんかほんとコンボとかかっこ悪くて納得いかない…。
もうちょっとスマートにできたなぁ。
言い訳になるけど、バトメで塔ってほんと久しぶりだったんですよ。
塔だと、バトメの場合は円舞がすごく重要だと私は思うんだけど、
その円舞も3、4回しか打ってなかったような…。













まぁ、さすがに私ももう疲れたので、とりあえず今回の動画をUPします。
エンコードとか、大変なんだよなぁ…。





































-------------------------------------





















UPしてきました。





http://zoome.jp/mattya1go/diary/1/












まぁ別に何も言うことはありませんが…。
暇つぶしに観てもらえたら嬉しいです。













Category: 動画
[ Trackbacks: 0 | Comment: 5 ]

スパルタってます

03/03(Tue) 00:20




うちのちくわ君が、ものすごい勢いで成長しています。













ちくわくん












4日で33レベルの廃ペース。
マメな私はもちろんクエも全消化です。
この早さには抹茶さんもびっくり。













ポンマスなんですけど、楽しいです。速くて。
この忙しさが楽しいんですよ。
バトメほどじゃないにしても、とっさにかわしたり動き回ったり、
猛ラッシュ叩き込んだりと、爽快です。
だいたい、こういう職好きなんですよね。
遠くからポワポワ言いながらレーザーためてる職とか、
「べにっちぇべにっちぇべにっちぇ」とか言いながら雪だるま転がしてる職とか、
半分寝ながら12ゴアとかエンドレスでやってる職はマジで無理私。
ストライカーは死ねばいいし。






それに、言われてるほど弱くないですよ、全然。
PTは知りませんけど、どっちかと言うと強い方なんじゃないですかね?
MPの消費も激しいんですけど、それでもバトメほどではないですし、
どうも苦手なダンジョンが思いつきません。
物理職だしね。













ただ、武器の消耗が想像以上でした。
いや、減るのはわかってた。
でも、まさか1回全周しただけで壊れるとは・・・。
節約のため、競売場で青字買って、使い切ってから分解してます。
普通に修理してたら余裕で赤字。
狩に行けば行くほどお金が減るゲームなんて見たことない。













まぁ、後々緩和されることはわかってるんです。
武器研究のレベルも上がりますし、オバドラの効率も上がる。
それに今はアバも借り物を適当に3箇所着てるだけだし、武器も未強化青字。
クエで適正以上のダンジョンのMだのKだのに行かされてるし、
まぁ無理はしてたんです。
私オバドラクール毎だし。








でもさー、いくらなんでもひどいよこれ。
白夜でバトルイングラム出るだけで涙目なんですけど。
硬いからシャープ使うんだけど、画面が高速で真っ赤に点滅するので、
中の人的な意味でも涙目だし。
ていうかマジで目に悪い。
これ、私は訓練されてますから平気ですけど、
お年寄りとか子供が見続けたらてんかんでも起こして死ぬんじゃないですかね。
ほんと、高レベルのポンマスの方には頭が下がる思いです。













まぁでも、
「私のいるところ即ち舞踏会」の無双バトメ、
「息吹+ナックル=GJ」のネンマス、
そして「浮遊Kで600コンボ余裕でした」の手数王ポンと、
私にピッタリな3トップがここに誕生しました。
レンジャー?足が止まる職は嫌だっつってんでしょ。
ストライカーは死ねばいいし。








































あ、そうそう、
そういえば、こんなプレゼントが届きました。













ふれすく












「ふあんです。おうえんしてます」































うーん・・・。







こんな過疎ブログに、こんな素敵な武器を送っていただいて本当に嬉しく思ってるんですが、
以前アラドの公式に、





「知らない人からの郵便物には注意してネ★」





って書いてあったので、私は基本的に郵便物は受け取らないんですよ。
それになんか悪いし。
実は以前にも、何人かの方がいろいろと送ってくれたことがあったんですが、
すべて15日後には電子の海に還ることになってますので…。













まぁ、この送っていただいたフレスクに関しては、
とても嬉しいしありがたいものなんですが、











「わ、私の気を引きたければ、手渡しで+11カイナスくらい用意しなさいよね!」










という、ツンデレ抹茶の言葉を持って返させていただきたいと思います。
私はアイテムなんかより、一緒に楽しく狩に行けることの方が嬉しいよ!
誘ってくれればどこでもホイホイついて行くよ!
アドリブ効かなくてごめんね!







































あ、ところで、
私は光剣ポンにもCガードは欲しいなぁって感じてるんですけど、
カインではない、なんとかって鯖のすぱーださんどう思います?













Category: 日記
[ Trackbacks: 0 | Comment: 3 ]

抹茶1号

Designed by NOZA
Powerd by FC2

Bookmark

Category

Recent

entry

04/19 抹茶タソはリア充

06/11 抹茶オーレ

05/12 抹茶タソは全日派

05/04 抹茶タソはエヴァが好き

05/01 箱根行ってみた

comment

08/01 : 抹茶

06/19 :

06/13 : 抹茶ふぁん

06/11 :

05/04 :

05/02 上のご婦人の方の書き込み② : 抹茶

05/02 上のご婦人の方の書き込み① : 抹茶

trackback

Archive

Search

2009.03

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
  21. 21
  22. 22
  23. 23
  24. 24
  25. 25
  26. 26
  27. 27
  28. 28
  29. 29
  30. 30
  31. 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。